banner

必要な印鑑証明

合同会社設立に必要な印鑑証明について

合同会社設立の手続きとしては法務局での登記申請がありますが、この時には代表者員の印鑑証明が必要となります。通常、代表は1人しか定めませんから、その人の分があればよいです。合同会社設立をするときに社員となる人が複数いるのなら、その人の分も用意しておくほうが良いです。

添付書類としては代表者の1通だけでよいです。ここに記載されている住所と全く同じ住所を定款に記載しなければなりません。一字一句同じにしなければなりませんから、印鑑証明を見ながら定款を作成するという作業が必要となるのです。そのために取得しなければなりません。

合同会社設立の定款を作成するときには出資する人の住所氏名を記入しなければならないのですが、この時の住所についてもやはり印鑑証明と同じものでなくてはなりません。

ですから、提出する必要はなくても、確認するためには取得しておかなければなりませんから、出資して社員になろうと思っている人がいるのなら、取得してもらうようにお願いしておきましょう。

では、どうやって取得するのかと言いますと、すでに実印を持っている人なら役所に行って手数料を支払えばすぐに取得する事ができます。

しかし、まだ実印のない人の場合には作成しておかなければなりません。実印というのは、販売されているものを購入すれば良いと言うものではありません。役所で登録しなければなりません。

その形状についてですが、1辺の長さが8ミリから25ミリの正方形に収まるサイズという決まりがありますし、形状についてはゴムなどではいけないと定められていますから、これらを守るようにしましょう。

印鑑を販売している未成に行けば、規定のサイズになったものを販売してくれます。

実印用の印鑑を購入して、そして役所で登録の手続きを行います。この時には本人確認書類が必要となります。

運転免許証やパスポートなどを持って行くことが必要です。その日のうちに作成が完了するケースが多いですから、あまり時間がかかるものではありません。

ただ、役所の窓口が開いていないと作成することはできませんから、合同会社設立を決めた時点で出資をする人は実印の作成を行う事が必要ですし、そのように依頼しておきましょう。

なお、印鑑証明には3ヶ月の有効期限が定められていて、合同会社設立をするときに有効期限の切れたものは使うことができません。添付する書類についてはこの点にも気をつけておかなければなりません。

Copyright(c)2014 合同会社設立をするために多くのポイントをおさえて設立を目指しましょうAll Rights Reserved.