banner

融資のための合同会社設立

融資のための合同会社設立の工夫

事業を行っている人にとってもっとも大変な事が資金繰りです。来月には資金が入ってくるという状態であっても、それまでに支払いをしなければならなかったり、あるいは従業員に給与を支払わなければならなかったりすることもあります。

このようなときに、どこからから融資を受けたいと思うケースはよくあります。経営者がもっとも悩まなければならないのがこの資金繰りなのです。

どこからら一時的にお金を借りたいと思ったとしても、個人であれば消費者金融などの高金利でしか借りることができないことも多いのです。個人事業主では社会的な信用力はあまりありませんから、銀行などの金融機関から融資を受けようと思っても断れるケースが多いのです。

合同会社設立をすれば、この点はある程度解決されます。合同会社設立をすれば、個人事業として経営を行っている場合よりも信用力は高くなるために、金融機関から借り入れをしようと思ったときの審査には通りやすくなるのです。

また、起業したばかりの時には政府系金融機関の保証を受けられることも多いですから、これらを利用すればさらに借りやすくなります。

融資を受けやすくするためにはいろいろな工夫が必要です。合同会社設立をすれば法人格を取得できて個人よりは信用力が高くなりますが、それでも作ったばかりの会社なら信用力はあまり高くはありません。

ある程度の信用力を得られるような工夫をしておかないと、借りる事はできないのです。

その方法の一つが資本金を高める事です。資本金がたくさんあれば信用力は高くなります。しかし、お金があまりない状態では資本金を高くするのが難しいケースもあるでしょう。このようなときには現物出資をすればよいのです。

例えば、不動産を持っているのなら、それを現物出資するという形で合同会社設立をすれば、金銭的な資産は少なくても資本金を大きくできます。

合同会社設立をしたばかりの時に多くの人が利用するのが創業融資制度です。これは政府系金融機関である日本政策金融公庫が提供している制度です。低金利で貸し付けを行っていますし、担保や保証人も必要ありません。

限度額も1,500万円となっていますから、起業したばかりの時には十分な金額でしょう。ただし、使い道はある程度決まっていて、例えば設備投資に使うのなら返済期間は10年以内、運転資金に使うのなら返済期間は5年以内などと細かく条件が定められていますから、設立前に確認しておきましょう。

Copyright(c)2014 合同会社設立をするために多くのポイントをおさえて設立を目指しましょうAll Rights Reserved.