banner

最近の投稿

融資のための合同会社設立

融資のための合同会社設立の工夫

事業を行っている人にとってもっとも大変な事が資金繰りです。来月には資金が入ってくるという状態であっても、それまでに支払いをしなければならなかったり、あるいは従業員に給与を支払わなければならなかったりすることもあります。

このようなときに、どこからから融資を受けたいと思うケースはよくあります。経営者がもっとも悩まなければならないのがこの資金繰りなのです。

どこからら一時的にお金を借りたいと思ったとしても、個人であれば消費者金融などの高金利でしか借りることができないことも多いのです。個人事業主では社会的な信用力はあまりありませんから、銀行などの金融機関から融資を受けようと思っても断れるケースが多いのです。

合同会社設立をすれば、この点はある程度解決されます。合同会社設立をすれば、個人事業として経営を行っている場合よりも信用力は高くなるために、金融機関から借り入れをしようと思ったときの審査には通りやすくなるのです。

また、起業したばかりの時には政府系金融機関の保証を受けられることも多いですから、これらを利用すればさらに借りやすくなります。

融資を受けやすくするためにはいろいろな工夫が必要です。合同会社設立をすれば法人格を取得できて個人よりは信用力が高くなりますが、それでも作ったばかりの会社なら信用力はあまり高くはありません。

ある程度の信用力を得られるような工夫をしておかないと、借りる事はできないのです。

その方法の一つが資本金を高める事です。資本金がたくさんあれば信用力は高くなります。しかし、お金があまりない状態では資本金を高くするのが難しいケースもあるでしょう。このようなときには現物出資をすればよいのです。

例えば、不動産を持っているのなら、それを現物出資するという形で合同会社設立をすれば、金銭的な資産は少なくても資本金を大きくできます。

合同会社設立をしたばかりの時に多くの人が利用するのが創業融資制度です。これは政府系金融機関である日本政策金融公庫が提供している制度です。低金利で貸し付けを行っていますし、担保や保証人も必要ありません。

限度額も1,500万円となっていますから、起業したばかりの時には十分な金額でしょう。ただし、使い道はある程度決まっていて、例えば設備投資に使うのなら返済期間は10年以内、運転資金に使うのなら返済期間は5年以内などと細かく条件が定められていますから、設立前に確認しておきましょう。

設立後の税金

合同会社設立のときと設立後の税金について

節税のために合同会社設立をする人は多くいます。

個人事業主は累進課税が適用されていますから、収入が大きくなると税率も高くなります。これに対して、法人の場合には法人税が一律で定められいますから、一定以上の利益を超えると法人設立をした方が納めるべき税金は安くなります。

いくらから節税効果が高くなるのかというと、これは個別のケースごとに異なりますから一概には言えないのですが、売上金額が500万円から1,000万円くらいを超えれば設立するほうが安くなるケースは多いです。

ですから、節税のために法人格を取得したいと考える人は多いです。しかし、その場合でも設立時や設立後に税金が発生するという点に注意しておきましょう。

では、具体的にはどれくらいかかるのでしょうか。これは会社の形態によって異なっているのですが、もっとも安いのが合同会社設立です。

合同会社設立をする時には色々な費用がかかりますが、法定費用として支払わなければならないのは登記申請をするときの登録免許税です。

この金額は最低で6万円です。もちろんですが、他にもいくらか費用はかかりますが、10万円以内には納めることができるでしょう。とにかく税金としては6万円あれば何とかなります。

合同会社設立時には多くても10万円くらいのコストがかかりますが、設立後にも納税しなければならないものがあります。

これが法人住民税と呼ばれたり、あるいは均等割と呼ばれたりします。会社が存在している限り納めなければなりません。

その税額は会社の規模によって異なっているのですが、都道府県と市町村に納める金額を合計すれば、最低で7万円となります。規模があまり大きくな会社なら、7万円を毎年支払わなければならないと考えておきましょう。

この法人住民税についてですが、会社の規模に応じて金額が決まり、利益に応じて決まるわけではないという点に注意しておかなければなりません。つまり、利益がどれくらいあっても金額は変わらないのです。

ですから、例えば赤字経営で損失が派生しているときでも法人住民税の7万円は最低でも支払っていかなければならないという点に注意しておかなければなりません。

逆に言えば、合同会社設立をして法人格を取得したいだけであれば、年間で7万円を支払っていれば維持できることになるのです。それが安いのか高いのかはそれぞれの状況によって異なるでしょうが、最悪は7万円支払っていれば何とかなるものなのです。

業者に任せるべき

合同会社設立は報酬を支払っても業者に任せるべき

合同会社設立をするためには色々な費用がかかります。自分で全て手続きをすれば安くできると考える人は多いのではないでしょうか。

しかし、実は業者を利用した方が安くなることが多いです。業者とは、例えば行政書士が合同会社設立のサービスを提供していて、報酬を支払ってもトータルでかかる費用が安くなるケースが多いです。

これを不思議に思う人もいるでしょうから、その仕組みを解説したいと思います。合同会社設立をするときには定款を作成しなければなりません。

作成した定款には4万円分の収入印紙を貼らなければなりません。つまり、定款には4万円の税金がかかるのです。

しかし、これは紙に印刷した定款の場合で、データとして提出した場合には4万円の税金を支払う必要はないのです。このようにデータとして作成した定款を電子定款と呼びます。

電子定款を作成すれば4万円は安くなるのですが、実は作成するためにはいろいろなコストがかかります。まず、パソコンがなければ作成することはできません。

パソコンはたいていの会社が持っているでしょうから改めて買う必要がない場合が多いです。それとともに、ソフトウェアが必要となります。

PDF形式で提出しなければなりませんから、PDFを作成するソフトを購入しなければなりません。そのほかにも、ICカードリーダを購入する事も必要となります。

これらの機器やソフトウェアを合同会社設立後にも必要とするのなら購入するメリットはありますが、その後は使わないというのなら購入するべきではないでしょう。これにかかる金額が4万円を超えるのなら電子定款を作成するメリットはありません。

特に、PDFを作成するためのソフトウェアは法務局に指定されていて、フリーのものは推奨されていません。その価格は時期によって異なりますが、5万円くらいはかかると考えておきましょう。

ですから、機器やソフトウェアが必要になる部分を業者に任せるのがよいのです。

業者に任せた場合には報酬を支払わなければなりませんが、合同会社設立の場合にはその金額は1万円以下の場合が多いです。

最近では格安の業者もあり、5千円から6千円くらいで請け負ってくれることが多いです。借りに1万円であったとしても、収入印紙代が4万円安くなるのですから、3万円分は安くすることができます。

業者を利用して報酬を支払ったとしても、トータルでは合同会社設立にかかる費用を安くすることができるケースが多いですし、手間を考えればこちらのほうが良いでしょう。

副業での合同会社設立

副業での合同会社設立について

副業での合同会社設立については、当然色々な所を考えていく必要があり税務の事などもキッチリとして置かなければ、税金の申告も本業とあわせての確定申告となって、税務の知識などをしっかり持っていなければ、節税などを行えない事にもつながり大変な事となります。

こう言った所で合同会社設立に関しての話としては副業として行っていく状況で、本業との給与を合体してからの確定申告となります。

当然事業所得としての副業での所得となる兼ね合いで、合同会社設立を行っている状況であれば、こう言った合同会社設立で得た部分の所得は経費計上などを行った分などを差し引きながら申告を行う事となります。

こうした事業所得としての考え方をしっかりと持っている事で、今後の合同会社設立の状況を本業で見て行きながら経営を安定させる事となります。

こう言った所を踏まえて考えていけば、税務署などの税務のチェックをしっかりと受けても問題の無い処理を行う必要があり、やはりそう言った知識の豊富なプロに委託する事も考える必要があります。

税理士を雇い入れて、税制改正などの状況で条件などがしっかりと整った状況の物を採用していく事で少しずつでも節税対策としてお金が還付される状況を作る事が出来ます。

しかし素人での判断を行うと、全く有利な税制改正などに気が付く事無く合同会社設立で運営を行ってしまい、気が付けば損をしていたと言った事も多いのかも知れません。

こう言った副業に関する状況でも色々と考えられる所はあって、合法的に節税対策を講じる事でずいぶんと利益も違ってくる事となります。

合同会社設立に関してやはり、税務の知識が全く無い方であれば、その辺りをキッチリとフォローしてくれる税理士などのプロの意見を聞き入れる事は特に重要な事となります。

こう言ったアドバイスを聞き入れながら会社経営を行っていければ、ずいぶんと違った感じになるのかも知れません。当然考えられる状況での節税対策を講じてくれる税理士の仕事などを拝見すると、自分自身でも勉強になりこう言った法律なども使えるのかと言った所まで考えが及ぶ事となります。

やはり合同会社設立などに関してもやはり知識の少ない税務の状況をしっかりとクリアーにする事は今後の会社経営を行っていく上でも特に重要な事となって、副業で獲得した利益を守る為には、特に必要な事になりそうです。

こう言った特殊な処理などは流石にプロの仕事となっていきます。

Copyright(c)2014 合同会社設立をするために多くのポイントをおさえて設立を目指しましょうAll Rights Reserved.