banner

fxのために合同会社設立

fxのために合同会社設立をするメリットとは

fxの取引を行っていて利益をいくらか稼いでいる人にとっては、合同会社設立をするメリットは非常に大きいと考えられます。取引のスタイルによってメリットは異なるのですが、ハイレバレッジ取引をしている人にとってのメリットはレバレッジ規制がかからないことです。

かつては取り引き業者が乱立し、数百倍と言った高いレバレッジでサービスを提供していました。そのために、一般消費者の中には大損する人も多く現れたのです。

このような状況が続いたことによってレバレッジ規制が導入され、25倍までに制限されることとなったのです。レバレッジに規制がかかることによってパフォーマンスが低下したという人もいますし、取引がしづらくなったという人もいます。

しかし、これはあくまで一般消費者を守るために導入されたものですから、法人には規制がかかりません。ですから、法人として取り引きをすれば規制はかかりません。

現在でも法人向けのサービスでは100倍を超えるような高いレバレッジのものもありますから、ハイレバレッジで取引をしたい人にとっては法人格を取得するほうが良いです。

このような理由で合同会社設立をする人が多いのですが、なぜ株式会社設立ではなくて合同会社設立なのかと言いますと、設立するための費用が安いからです。

fxの取り引きをする人にとっては、資金は大事な種銭ですから非常に重要なものです。できる事なら無駄な費用をかけずに取引に回したいというのは多くの人に共通することでしょう。ですから安ければ安い方がよいのです。

合同会社設立をするために必要な法定費用は、いろいろ省いていけば登録免許税として支払う6万円のみです。

代行業者などに依頼しなければならないケースもありますが、合同会社設立をして法人格を取得する目的だけであれば、10万円くらいで設立することもできます。この点では合同会社のほうが優れているのです。

設立後は住民税を支払わなければなりませんが、その金額は年間7万円ですから、これも高くはありません。

また、株式会社設立をすれば決算公告を行わなければなりませんし、株主総会も開催しなければなりません。ステークスホルダーが増えてくればこのようなことを行ったほうが良いのですが、fxの節税の目的で法人格を取得するのであれば、わざわざこのようなことを行う必要はありませんから、手間のかからないほうが良いでしょう。この面でも株式会社よりも合同会社のほうが優れていると考えられるのです。

Copyright(c)2014 合同会社設立をするために多くのポイントをおさえて設立を目指しましょうAll Rights Reserved.